教育方針

園内イメージ

★強い体づくりの保育

1)幼稚園の3年間で鉄棒の逆上がり、跳び箱の開脚飛び、台上前転、縄跳び、竹馬などが無理なく楽しくできるカリキュラムに沿って、年少児から運動遊びに取り組んでいます。専門の指導者による体育教室やヨガ教室も保育の時間内で行い、幼児期に走る力、跳ぶ力、投げる力などの運動能力の基礎を育てます。

2)「食は命なり」の言葉通り、自然の恵みや命あるものを頂くことへの感謝の心を育てます。野菜の栽培に関わり、収穫したものを調理して食べるという体験を通して「喜びや感動」を経験し、「生きる力」を育てます。当園では、人間は、穀物・菜食型の動物であるという〝食の原理”に則り、健康食として世界的にも注目されている日本の伝統的な和食にこだわった食育を展開しています。は、〝安全・安心・おいしい・地産地消”をモットーに、園内の厨房で調理した伝統的な和食を週4回、月・火・木・金曜日に提供しています。料理教室は、保育時間の中で、包丁、まな板、味噌漉し、すり鉢や、すりこぎの調理道具を使って味噌汁、白和え、ほうれん草の胡麻和え、南瓜納豆等を調理します。これは「集中力」を養い、「創造の喜び」を味わい、「感性」を育むのに最適です。

【その他の食育の取り組み】・・・野菜や花の栽培(全園児)味噌づくり、さつま芋の苗差し・収穫(年中児)梅干しづくり、田植え、稲刈り(年長児)

★豊かな感性を育む保育

1)子ども料理教室 包丁を用いて野菜を切る、椎茸・いりこ・昆布でだし汁をとり味噌汁を作る、などの料理教室を保育時間の中で行います。

2)絵本の読み聞かせ 絵本は、子どもの心や言葉を豊かにし、人の話を聞く力や物を見る眼が育ち、想像力を豊かにします。静かな落ち着いた雰囲気で絵本を読み聞かせ致します。ご家庭で 就寝前の10分間、保護者の皆様による絵本の読み聞かせをお願いしています。

3)音を楽しむ 子どもたちが美しい音色に耳を傾け、きれいな優しい声で歌をうたい、うれしさや楽しさを身体で表現できる、感性豊かな音楽教育を目指しています。当園では、感性教育の一環として年3回、プロの演奏家によるミニコンサートを行っています。これまでに九州交響楽団、福岡室内合奏団、読売交響楽団、東京都交響楽団のメンバーの方々、NHK交響楽団の吉田秀先生、ゾリステン・ドライエック(広島)の皆様をお迎えして演奏会を開催しました。

4)散歩 園外保育として、瀬板の森公園やグリーンパークへの遠足の他、近くの公園を歩いて散歩しながら足腰を鍛えると共に、どんぐり拾い、落ち葉集めなどを通して季節の移ろいを肌で感じるとともに四季の変化を観察しています。

5)自然と親しむ 花や野菜の栽培・収穫、トンボやセミの羽化、メダカなどのビオトープでの観察を通して、自然に触れる経験をし、豊かな感性の育みに努めています。

★豊かな言葉を育てる保育

 絵本の読み聞かせは、豊かな言葉を育てる第一歩です。様々な場面で‟言葉”を道具に意思の疎通を図れるように指導いたします。グループ単位の活動は、リーダーを中心に話し合いをすることから始まります。クラス単位でこいのぼり共同制作(年長)、劇づくり(全学年)などの集団での取り組みを通し、思考力、創造力、表現力を育てます。

*豊かな出会いを求めて・・・浅川幼稚園では、地域の藤原地区年長者クラブ「藤原会」との餅つきや昔遊び、年長児と光貞小学校5年生との交流会なども行っています。

*縦割り保育も取り入れています・・・家庭での兄弟姉妹数や地域での子ども同士の交流が減っている現状を踏まえ、年長・年中・年少相互の交流を深めるため、全園で年少と年長、年中と年少のように異年齢集団の組み合わせを意図的に行う‟縦割り保育”を行っています。年長児は、小さな子どもたちへの労りを身につけ、年少児、年中児は、年長児への憧れを抱き、年長児をモデルにして育っていきます。